メリットを考える

IT関連で仕事をしていると、企業の中に派遣やフリーエンジニアが一緒に働いているという環境の人もいるでしょう。企業が採用する社員の人数には限界があります。雇用を増やすように国政は進んでいますが、給与も上げるようにという希望と両立するには、ハードルが高いように思います。まずは既存の社員への待遇改善から始めるのが多くの企業でしょう。給与の底上げから始まり、企業の利益が上がってきてから人材を増やす、というのが一番無難な方法だと思います。
社員の給与を上げ、しかし人材も確保しなくてはいけないことが、企業の業務を進めるうえで起きますが、その時にフリーエンジニアなどを雇用することで臨時対策が出来ます。
フリーエンジニアの大半はスキルもキャリアもあるという人が多いので、即戦力として考えることが出来るでしょう。

教育の時間が不要なのは企業にとって利益になります。
フリーエンジニアにとっても企業で働くことは悪いことではありません。
メリットやデメリットといったことで考えると、フリーエンジニアは仕事がないという時には、自分で仕事を探す、営業をする必要がありますが、企業で働く場合は営業をする必要がありません。
また一定期間、同じ企業で働くことで収入の安定に繋がります。デメリットとして考えられるのは、時間の自由ではないでしょうか。企業で働く限りは、企業の終業時間に合わせる必要があります。
フリーエンジニアになると、時間を自由に使うことが出来ると考えていた場合、これはデメリットとして考えられます。

ですが仕事がないと探さなくてはいけない時間や、営業のストレスを考えるとメリットの方が大きいように思います。メリットとデメリットをよく理解して、フリーエンジニアでもこのような働き方があることも知っておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です