独立後の時間の管理

フリーで働くにはどのような注意が必要になってくるのでしょうか。
それというのも、近年ではIT関連の仕事に就いていて、フリーランスで働きたいと考える人が増えてきているからです。これはIT企業にもよりますが、どうしても繁忙期とそうではない期間との落差が大きく影響していることもあります。仕事が忙しい間はあまり考えることもありませんし、自由な時間がないいという人も少なくありません。

ですが忙しい時期を過ぎ、時間が出来てしまうと不安になってしまうものです。
これはIT関連の仕事だけではありません。どのような職種でも、また学生でも感じることなのです。
一つのことをやり終えてしまうと空白の時間を虚無感に襲われてしまうのです。
この切り替えが上手く出来る人の場合は、虚無感に襲われることもなく、次の仕事への準備を進めることでより良い仕事の成果を上げていくことができます。

ですが仕事がないことでリズムが取り戻せない、何も出来ないといった人は企業内ではないんとか仕事を続けることが出来ても、フリーエンジニアのようにフリーランスで働くことは難しいかもしれません。近年増えてきているフリーエンジニアなどは仕事がある日、ない日といった区分けが必要になってきます。そして仕事がある時のタイムスケジュールや、週間のスケジュールを組むことはもちろん必要ですし、自己管理が出来なくてはいけません。
企業に勤務している間はしなくても良かったことが、フリーエンジニアになることでしなくてはいけないことが増えてきます。

いかに上手く時間を活用するかが、仕事がないといった時間を有効に使うことが出来るかと同じことになってきます。簡単そうで実はとても難しいことです。
学生時代から時間の管理が習慣として身に付いていればよいのですが、習慣になっていない人は企業に勤務している間に時間の管理能力について意識する必要があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です