スキルが不足している

近年では転職活動がうまく進まないので、フリーエンジニアになるという人も増えてきています。
営業から経営に関すること、また仕事まで一人で行うフリーエンジニアは負担も大きく、また当初の資金準備や安定した仕事を得るためにはかなりの努力と時間がかかってしまうことがあります。
そこで新しいフリーエンジニアの働き方として、派遣会社などに登録をし、企業で働くという方法を選択する人もいます。

派遣で働くのではフリーエンジニアになった意味がないように感じるかもしれません。
ですが仕事がないというフリーエンジニアの場合、どのような形でも仕事をしてキャリアやスキルを身につけておく必要があります。企業に自分を売り込むにしても、スキルやキャリアで判断されることが多いので、出来るだけたくさんの仕事を経験しておくことです。
自分一人では得られる情報も仕事も限界がありますし、その範囲もかなり絞り込まれてきます。
ですが派遣で働く場合は、企業が仕事を持っていますし、企業内では処理しきれない内容の大きな仕事が多いものです。

大きな仕事を体験することが、自分のスキルやキャリアに繋がるのです。この簡単そうで実はとても面倒なことが、フリーエンジニアには大切なのです。仕事を探すことは転職活動よりも大変かもしれません。ですが派遣だと仕事を探す必要がないというメリットがあります。
もちろんフリーエンジニアにとって時間の自由というメリットは派遣先の企業に合わせなくてはいけないので、時間の自由には制限がありますが、今後のための準備と考えておくと良いでしょう。
短期間でも企業に派遣で働くことで、得られるものは多くなります。安定した収入と、スキル、キャリアが得られますから今後、自分で営業をする時に大いに役に立ちます。
特に大手の企業で働いていたという実績は、営業の時に大きな武器になることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です